男性看護師の苦労とは

看護師は、職場で苦労を重ねることが多いようです。それは仕事柄必然的なことであるものの、不満を募らせる原因としてよく知られています。看護師は献身的になってサポートを行うのが基本であることから、自分のことよりも人のことを優先するという気持ちが欠かせません。その献身的な気持ちを持ち続けて仕事をしていくのが、大変だと感じるパターンがあるようです。
人間関係でトラブルを抱えてしまうことも、しばしばあります。先輩とうまくやれなかったり師長と意見があわなかったりして、職場にいづらい状況ができてしまうことも、よくあるパターンです。こういう声はほとんど女性看護師からのものですが、実際には本当に職場で苦労しているのは少数派の男性看護師であるというケースもあります。女性独特のネットワークに入り込んでいくのは男性にとって難しいものであり、孤立して働くことになってしまう場合も少なくありません。女性看護師同士では協力し合っていても、男性看護師はたった一人で黙々と仕事をしなければならなくなることもあります。男性だからといって、力仕事を全て任されてしまうことも多いようです。肉体労働になるときには重宝されるという嬉しさと、体力的な辛さとに板挟みにされることも珍しくありません。そうでありながら、日常的には一人きりになってしまうことが多いのです。うまく女性のネットワークに入り込んでいくことができる男性は問題ないものの、そうでない人は多くいます。
苦労の末に昇進して、やっと職場にいやすくなる男性看護師が増えているようです。